カウンセリング心理学脳科学

身体を壊したくない人へ

身体を壊してもいいや、病気になってもいいやって人は読まないでください。

免疫を上げる

 昨年の今頃からコロナが周囲に認知され、それとともに免疫力というのがそれまで以上に大事に大切なようになった気がします。

そこで今回は私たちの思考が身体に与える影響をお伝えしようと思います。

私たちの身体の中は普段目に見えませんし、免疫力が上がると信じていても実際には目に見えません

それなのに私たちは免疫力が上がる食材や効果が証明されたもの(目に見える)しか、なかなか信じることができません。

まず免疫力が上がると信じるだけでも実は免疫力が上がります

極端( ´艸`)

極端な言い方かもしれませんが、人はポジティブに捉えるだけで免疫力が上がるのです。

このように思考は身体に間違いなく影響を与えます。

例えば、マイナスな言葉を自分の中で繰り返し言ってみて下さい。

「もうダメだ、死ぬ」などですね。

次にプラスな言葉を言います。

「大丈夫、楽しい」などです。どちらが良い気分かということですね。

後者だと思います。

免疫力と言う観点からみるとプラス思考が良いです。

しかし、プラス思考でいくと予防の行動を取らなくなります。手洗い、うがいをしない、とかですね。

いくら免疫力があがったとしても、これでは防ぎようがありません。

思考はプラスに、行動はマイナス思考から。

このように捉えると免疫は強く、身体を壊しにくくなります。逆にどのような対策をとっていたとしても免疫力がなく、風邪にかかると思うと風邪にかかります。

 

大丈夫、大丈夫!そんな気持ちで新しい2021年を始めていきましょう!

コメントを残す