祝い・呪いの言葉

印象が深い言葉ってありますか?

 おそらく名言と言われるものもそうなんでしょうけど、私たちの身近にいる人から言われた言葉でずっと残っている言葉って何かありますか?私も大学の頃、友人から「イソが前言った言葉でずっと心に刺さっている言葉があるんよね」と言われたことがあります。今この瞬間でも私自身は覚えていないのですが、言われた当人にとってはずっと覚えているようです。

幸いにも「その言葉」はその人の人生をその人が望む方向へ変えるだけの影響力があったようで感謝はされています。しかし、逆にマイナスの変化や嫌な気持ちにさせるという言葉もあるでしょう。しかも、ずっと・・・。そう考えると言葉は、特に人に投げる言葉はよく考えないといけませんね。

呪いのような言葉

 さて、私自身も投げかけられた言葉でこのようなものがあります、「1日サボったら取り戻すのに3日かかる」という言葉。これは私の習慣形成に大きく影響を与えています。この言葉を言ってきたのは友人というかバンド仲間(メンバー)なのですが、メンバー自身は覚えているかはわかりません。

いずれにしても私に大きな影響を与えており、何か新しい習慣を始めると呪いのように降りかかってきます。

 例えば、学習習慣。1日サボると3日かかる、今日サボると3日も取り戻すのに必要、だから学習しないと。記憶の定着が遅れてしまう、せっかく覚えたことを忘れるのは時間の無駄、など、いろいろ考えてしまいます。

プロファイリング・心理的視点

 これはプロファイリング的には問題回避型の思考で、心理学的には損失回避の思考です。この言葉は同じようなタイプの方には影響を与えますが、逆に目的達成型、つまり、なりたい自分を追い求めている、目標を達成することに重きを置いている、という方にはあまり響かないでしょう。つまりこの言葉は私がこの「問題回避型」だから今でも覚えている言葉になります。

言葉と受け取り手の相性

 このように言葉は私たちの性質というか特性とその言われた状況などを加味して、さらに誰から言われたか、などにも影響を受け、私たちの生涯にとって「忘れられない言葉」となります。

この忘れられない言葉がプラスに働くと習慣形成を加速させたりすることもできますし、逆に誰かをずっと恨み続けるということもできます。

 1つや2つ私たちの人生を変えた言葉はあるのではないでしょうか?普段は意識していなくても言葉は私たちの選択に影響を与えています。習慣を作る際、あるいは止める際に誘惑されたものは最大のヒントになります。私たちは普段から使っている言葉、(思考も言葉です)それらを大切にしていきたいですね。言葉を大切にし、こころとともに成長する習慣を

フォローお願いします!

コメントを残す