カウンセリングの成功と失敗

心理学を学ぶとカウンセリング手法や心理療法も学ぶことになりますので、こころと言葉ではカウンセリングもやっています。

カウンセリングを通じて感謝されることもあれば、何も変わらなかったと言われることもあります。

そこで、私だけの経験では成功や失敗(どちらもただの結果なんですけど)の数はたかが知れているので、カウンセリングの成功と失敗を学ぶことにしました。

それがユージン・ジェンドリンとカール・ロジャーズのプロジェクトでありましたので、そのご紹介を。ちなみに2人とも人間性心理学者に分類されます。

カウンセリングの成否

この研究はカウンセリングの治療面接の初回から終了まで録音されたテープを聞き、どこに要因(成功か失敗か)が潜んでいるか検討したものです。

当初心理療法家(カウンセラー)の腕の違いによるものだと思われていましたが、検証していくと、クライアント(相談者)が決まって沈黙し、自分の内面にある曖昧な何かを言葉にしようとしている瞬間がありました。

これが「体験過程」と呼ばれるもので、この体験過程があるかないか、そして、その曖昧な何かに対し、しっくりする言葉をクライアント自身が見つけた時(これを推進と呼ぶ)、成功するカウンセリングとなったということを発見しました。

つまり、カウンセリングの成功と失敗はこの体験過程をクライアントが取っているかどうか、という点によるというものが発見されたのです。

その体験過程を誘導するのが、ジェンドリンが考案されたとされるフォーカシングという手法なのですが、それは別の時に。

つまり、優れたカウンセラーと呼ばれる人達は、クライアントの内面にある曖昧な感情をきちんと言葉にできるように、お手伝いをする人である、ということです。

ちなみにカウンセラーをつけなくともこのフォーカシングは自助の手法としても用いられていますので、フォーカシングについて聞きたい、と思われる方は気軽にコメントくださいね。

あなたももし、内面に漠然とした不安、心配、嫉妬などがあれば、その形や色、感触、言葉を話すかどうか、など、きちんと向き合う習慣を作ると、すっきりするかもしれません。

フォローお願いします!

コメントを残す