生きるではなく、生き方を考える

posted in: ブログ, 心理学, 日常 | 0

「なにやってんだろ?」

みたいにふと思うことありませんか?

 

気が抜けた瞬間

大勢で遊んだ後の帰り道で1人になった時

仕事が終わった帰り道

などなど。

 

ふとした瞬間に訪れる虚無感。

いや、ほんと何やってんですかね(笑)?

 

今回は生き難さについてです。

というのも、都度都度私も体験してたのですが、その都度その問題を処理する前に次の仕事なり、予定なりが襲ってきて根本問題が解決しないまま生きてきたので、だんだんとツケが回ってきていたことに気付いたからです。

ので、それを処理というか解決したいと思います!

 

よく出来ないことではなく、出来ることに目を向けましょう!

と言われていますが、それはその通りです。

出来ないことを頑張って出来るようになることは嬉しく、達成感もありますが、出来ないことで頑張り続けることは結構苦しいです。

なので、自分が出来ることに目を向けてそれをやるようにすると生きやすくはなります。

しかし、一時のものなのでまた元に戻ってしまいます。

大事なことは出来ることに目を向けた後、それを組み立てて戦略を立てるということです。

 

・出来ることに目を向け、認め、それで自分の人生を描く(人生戦略を立てる)ということ!

 

このように考えてきちんと生活の一部まで落とし込むと、楽になります。

そして、この戦略を立てる時に大事なのは、必然的に出来ないことにも目を向けないといけないようになります。なぜなら、出来ないことを全くせずに生きてきた訳ではないからです。

肝心なことは自分が出来ないことが得意な人を探し、任せるという生き方です。

その代わり、出来ることは誰かのためにやってみましょう。

これは上級編にはなりますが、まとめると、、、

 

・出来ることと出来ないこと(やりたくないことでもOK)を分ける

・出来ることにフォーカスを向けそれだけで生活できるような戦略を立てる

・出来ないこと(やりたくないこと)を任せられる人を探す。

・協力して生活をする

 

そのような目的をもって生きていくとふいに来る虚無感は少なくなります。

もし、虚無感が襲ってくるようなら出来ないことを頑張っていることになります。せっかく頑張るなら出来ることを一緒に必死にしてみませんか?

 

フォローお願いします!

コメントを残す