子育て中の気付き

posted in: ブログ, 心理学 | 0


「僕は飛べる!僕は飛べる!!」

・・・やばい奴です。

子供が両手をバタバタさせながら、

リビングに座ったまま大きな声で叫び出しました・・・。

一体どこで教育を間違えたのか・・・

心理学者のジョンワトソンは言った。

「健康な1ダースの乳児と、育てる事のできる適切な環境さえ整えば、

才能、好み、適正、先祖、民族など遺伝的といわれるものとは関係なしに、

医者、芸術家から、どろぼう、乞食まで様々な人間に育て上げることができる」

と。

そう。

ウチの子はワトソン程過激ではないが、

発達心理学や教育心理学をベースに思いやりのある子に育てていたつもり。

まさか、いきなり

「僕は飛べる!僕は飛べる!!」

なんて言うなんて。。

というショッキングな事件?が我が家でありました。

…よくよく話を聞くと

アニメのアンパンマンにカバオ君というキャラクターが登場するのですが、

どうやら保育園で見たアンパンマンの中でカバオ君が

「僕は飛べる!僕は飛べる!!」

というシーンがあったようでその真似をしていたようです。

良かった~。

え?

・・えっ?

みたいな感じになってしまいました。

まー、さすがのワトソンも人間が手をバタバタさせて飛べるように

進化はさせられないと思います。

ここまでくると「成長」ではなく「進化」ですよね!

さて、私は子供には「君は何にでもなれる。但し、君がそれをするのが大好きで、

その才能が有り、そして、その手段さえ間違わなければ」というスタンスで接しています。

賛否あるところと思うのですが、

私のビジネスコーチも「才能」については以下のように言っています。

歴代最高の指導者と言われる人たち(キリスト、カエサル、ナポレオンなど)が

神様の前でこの中で一番優秀な指導者は誰かと問いかけます。

すると、神様は、その場にいた誰にも目もくれず、農民の一人を指さします。

そして、こう続けるのです。

「彼は優秀な指導者であり、彼に統治させれば世界は平和になる。

しかし、彼は政治が好きではなく、農業が好きなのだ」と。

結局、才能とはおまけみたいなもの。

強みと弱みとはまた別の話。

才能があっても失敗する人はたくさんいますし、

才能が無くても成功する人もたくさんいます。

才能があって好きなことがベストですけど、彼には好きなことを

好きなだけやって欲しいです。

たとえ、それが自分の本当の才能とは違ったとしても。

・・・進化以外で(笑)

P.S.

やりたいことと得意なことは違います。

また、到着地点(人生目標)が明確でなければ、いくら到達する手段(お金や時間)が

たくさんあっても、望む人生は送れません。

ゴールや目標、目的を明確に。

そして、それから何を得たいのかも。

フォローお願いします!

コメントを残す