ゲームセンターと心理

posted in: 心理学 | 0

 

 

 

本日は子供の付き合いでゲームセンターへやってきました。

私は大学時代に旅行でUFOキャッチャーにたくさんお金を取られてから
あまり行かなくなっていましたが、久しぶりに来ると進化していました。

カードゲームを中心にセーブ機能があるゲームが増えて、
リピーターが楽しめるような工夫がされていました。

ゲームセンターに通えば通うほど成長するシステムです。
ウチの子も例外ではなく、リピーターに近付きつつあります。

しかし、この日は突如UFOキャッチャーが彼を誘惑し始めました。
ターゲットは小さなピカチュウのキーホルダーです。

そして、彼は私に要求をしました。

「このピカチュウが欲しい」と。

…以下、私の内なる自分との対話

「…現在の私は10数年前と違い、学生ではなく、心理カウンセラー。
人の心理に長けている者。

当時は無我夢中で100円玉を100枚以上つぎ込み
ぬいぐるみを獲得していたな。

もう惑わされないぞ。
そもそも、その人の心理は「サンクコスト効果」だろう。

フフ…理論さえ分かっていれば、、
この機械に必要以上にお金を取られることはない!」

以上、対話終了…。

「じゃ一回だけね。」

「あー、惜しい!」

「もう一回だけしよっか。」


「あと、一回くらいかな。」

「最後だ!」

というやり取りが5回。

取れませんでした。。

止めれた分、少しは成長していたのかもしれません。。

代わりにガチャガチャをして帰りました。

さてと、「サンクコスト効果」の怖さが分かりましたね?

端的にいうと「サンクコスト効果」とは、
「今までの投資をもったいなく感じて、後に引けなくなる心理効果」です。

このケースで言うと、100円を入れると、キーホルダーが後1回の投資で
取れそうな気がします。
そこで止めると、その100円は無駄になります。
2回目でも同じ。そこで止めると今度は200円が無駄になります。
それが、積み重なり、どんどんお金を入れてしまう心理です。

あなたも止めたい行動があるのに、それを止めると今までの時間や労力が
無駄になるという理由だけで、なんとなく続けている行動はないですか?

それはきっと「サンクコスト効果」です。

早めに止めないと、私のように現状よりも大きな損失を抱えることもあります。
一度自分の行動をこの心理と共に見直してみてはどうですか?

問題行動と思われる行動を自分で止められなければ、
心理カウンセリングが役に立つ場合もあります。

その際は、ご連絡下さい。

フォローお願いします!

コメントを残す