素直であること

最近「自分に正直に」という感覚を掘り下げてみました。

素の自分とか

素直でありたいとか

自由にとか

そのような感覚です。

 

もともと素直とか正直に生活したい、と感じることは

今現在がそのような感覚にはないから生じる感情なのか。

といった議題です。

 

そもそも素直に自己表現ができているということは

素直を演じているのではないか、

考えて行動をすることはそもそも素直ではないのではないか?

 

などなど掘り下げ、また戻りながらいわゆる「思考ループ」に陥りました。

 

結果として「自分に素直になる」ということに対しては

子供時代に戻ることが一番だとなりました。

 

子供は自分の本能を素直に表現しています。

食べたい、寝たい、遊びたい、など。

 

私も子育てをしながら、観察していますが、

2歳の時くらいから我慢ということを覚えたようです。

 

滑り台の順番を待つとかしてましたから。

 

我慢することで褒められると、他の行動も我慢してみることになります。

そうすることで、成長したね、という判断をされているのかもしれません。

 

のびのび育って欲しいけど、調和も守る人であって欲しい。

…バランスが難しいですね。

 

フォローお願いします!

コメントを残す