マーケティング

風邪とマーケティング

新年早々

体調不良、、風邪でした。

 

仕事はできたので良かったのですが、

点滴などを打っておりました。

 

私の場合は腸の機能が下がって、食欲がなくなり、

鼻水とくしゃみが続き、全体的にだるくなるものでした。

 

さて、ここでマーケティングの分野から風邪を分析してみましょう。

 

私が尊敬する人が言っていましたが、

症状と問題の話です。

 

例えばインフルエンザの症状は

「高熱」「咳」「鼻水」「くしゃみ」になります。

そして真の問題は

「インフルエンザ」です。

 

症状を問題ととり、解熱剤を使ったり、咳止め、痛み止めを

飲んだところで、真の問題点である「インフルエンザウイルス」には

届かず、ずっとこの症状が出続けます。

(人には免疫力があるため、ずっとという訳ではありませんが…)

 

この例えはビジネスにおいても使われます。

「顧客が少ない」という症状が現れた場合、

申し込み方法がよく分からないということが真の問題であったり、

広告媒体が悪かったり

見込み客ではないところにアプローチを続けていたりすることがあります。

 

「症状」と「問題点」

 

これをはっきり分けて考えて解決策を提示することが大切です。

 

あなたの会社やあなた自身の症状はなにか、そして、問題点は見えてますか?

処方する薬はわかりますか?

 

追伸

風邪予防のためにスムージー生活、始めました。

コメントを残す