コーチング

共感すること

カウンセリングやコーチングを通して時々

「あなたには私のことが分からないでしょう。

あなたは強いから。でも私は違うんです」

といった内容を言われます。

 

その通りです。

 

よく言われることですが、人はそれぞれ違います。

 

 

自分が求めてくれている言葉を掛けてくれ、共感してくれる人が

周りにいる環境はとても居心地が良いです。

そのような環境下では、違いを認識する必要が無いので、同じ思考からなかなか抜け出せません。

なのでいつも同じような結果になります。

 

しかし、今と違う結果が欲しければ

今と違う思考、行動パターンが必要になります。

 

同じことをやってて違う結果になることはありません。

 

私は相手のことを考えて、相手が求めている言葉ではなく、

聞くべき、知っておいた方が良い言葉を掛けるようにしています。

 

そこに正解、不正解があるのであれば自分で決めるしかないですし、

強いも弱いも見る角度で変わります。

 

自分にとって大切なことはなにか。

それだけは常に確認しておくことで、きっと行動しやすくなります。

 

コメントを残す