心理学などの学問、検証結果を導入しませんか。

人間心理を観察

 コンサルタント業務では以下に心当たりがある方に効果を発揮します。

・自分で考えていることに限界があると感じている

・組織の内部変革を試みても、同じような結果になる

・より良くではなく、全く別の視点の導入をしたいと考えている

同じモノでも観る人で違う世界になる

脳・パターンを分析する

 心理学は「こころ」の研究と言われていますが、「こころ」の研究はイコール「行動」の研究にもなります。

 もし、あなたの悩みが「人によってもたらされるもの」であれば、過去の先人たちが築き上げ、実験を重ね、統計をとり、検証した心理学はきっとあなたのお役に立つことが出来ます。

外部の専門家の目を活用するという選択

人間科学

日々進化する心理の研究

 すべての社会活動は人の心理の延長線上である、という考え方を受け入れてくれるのであれば、間違いなく、それだけであなたは今とは違う結果を手に入れることができます。

 なぜならば、前提が変わると、アプローチが全く変わってくるからです。セミナーでもお話しすることがあるのですが、ゴールを別のところにおくと行動が変わってきます。

 例えば、売上を2割上げたい、というと、今の作業の効率化や速度を上げるといった施策をとるところが多いと思います。しかし、売上を5倍にする、といった目標ではこの既存の戦略は役に立ちません。別のアプローチが必須になります。

 その別のアプローチは社会活動は人の心理の延長線上にある、という考え方を受け入れていると、心理状態まで立ち返る必要が出てきます。すると、心理的枠組みを見直したり、どのような動機付けでヒトが行動するか、といった心理学が真価を発揮するのです。

 さらにその案のPDCAサイクルを回していくと、新しい成長ステージにいく、ということになります。

特徴

 正直にお伝えします。こころと言葉のコンサルではあなたの業界事情を詳しく知っている訳ではありません。しかし、どのような事情であったとしても、「人間」が絡む以上、心理の動きを知ることで解決、もしくは達成することは可能となります。

 また、人に焦点を当てているため、会社や個人の利益だけで終わることはなく、結果が変わったことによる影響力、つまり、内部の軋轢なども予測して、戦略を一緒に組み立てていきます。