日常研修習慣

やりたいことだけすればいい?

 社会人になってよく言われてきたのが「キツイからこそしないといけない」というもの。誰しもやりたくないからやらない、そこでやるか、やらないか、で差が出てくるというものでした。一理ありますけど、全てではないと思っています。

反発しますw

 何より、言い方が抽象的ですよね。「何を」やりたくないのか、というのも人それぞれですし、どの程度で「やっている」と判断するのかも分かりません。習慣形成においても、望む理想の未来は欲しいけど、積み重ねとなると1日1日の行動を進んで「やりたい!」とは思えない人も多いと思います。

やり続けることはなかなか難しい・・・。出来ることならば、やらずに結果だけ手に入れたいのは人の本心に近いのではないでしょうか。そのような考え方であると習慣は身に付きにくいのですが、「つながり」「楽しくないことの一歩手前」を考えると少しは続けやすくなります。

1つ、つながり

 まずは「つながり」を意識しましょう。現在やっている、あるいはこれからやろうと思っている行動習慣は正しく理想の未来につながるものか、という点をはっきり認識します。この点をはっきり認識することが大切なので、理想の未来を描くことは重要なのです。本当になりたいのか、どうしてなりたいのか、なったらどうなるのか、今の生活から失われるもの、あるいは得られるものはなにか、などはっきり描きます。目標設定です。そして、その目標設定が終り、楽しい気分になったら、おそらくそれは望んでいる理想の未来でしょう。しかし、それ自体に対してワクワクしなければ、やりたくないことだと思います。ここで誤解が起きるのですが、最終的にワクワクすることであり、そのためにやりたくないことをやる必要があればいいのですが、最終的にワクワクもしないのにやりたいことを優先させてはいけない、ということです。

やりたいことだけやればいい?

 最近はやりたいことをやる、というのが流行っていますが、それは最終的に、ということにしておかないと、今やりたいことを優先させてはいけない、ということです。つながりを意識するとはそういうことで、大きな物事の決断の時に特に気をつけないといけないのが、自分の心から望むことにつながっているか、という感覚です。人によってはワクワク、という表現ではないこともあるでしょうが、ひとまずは、「明日、あなたが目を覚ますと何でもできる状態になっているとしたら、最初にやりたいことはなんですか」という質問に出る答えを基準とすると良いと思います。私たちは常に自分の枠に入っています。その枠をまず広げるために、出てきた答えを無視せず、とりあえず、書き留めていきましょう。そうすることで、やりたいことを見つけるヒントになると思います。

1つ、楽しくないの一歩手前

 次に楽しくないことの一歩手前を考えてみる、ということです。なぜ、楽しくないのか、なぜそれをやりたくないのか、を冷静に考えてみます。もしかすると、それは今までの人生の中でずっと避けていたことかもしれませんし、やりたくないことの本当の意味が分かるかもしれません。それが分かってくると、私たちのやりたいとか、やりたくないとかが何となく見えてくるのではないでしょうか。「キツイからこそしないといけない」というのは、する必要性が明確であれば、是非チャレンジして、一緒に達成していきたいですが、明確でない、あるいは意味合いそのものが分からない状態でやったとしても、恐らくは本当の役には立つことがありません

やらない理由を探したりするのではなく、意味を明確に、私たちのやりたい、に沿って考えていきましょう。

コメントを残す