心理学日常研修習慣

何をパクる?

 私たちが初めてのことに取り組むとき、まず最初に何をしたか覚えていますか?おそらく、それが習慣形成のヒントになると思います。誰でも初めてはあります。よく聞くことですが、今、TVに出ていたり、あなたが思う成功者と言われる人も、「始めた時」があります。その始めた時から今に至るまで、それ相応の時間をかけているはずです。それがその人の習慣です。

私たちは途中で投げがち

 習慣が身に付かないと、多くの人は始めたことを理想の形で終えることなく、その道半ばで止め、その繰り返しで、現状に至っているということです。

もちろん、理想の形で終わるようになれば、例え、本来の道半ばであったとしても、それは良いものです。歩いてきた道の途中で、目標が変わることもありますからね。

 私もベースを始めたときは、ビリー・シーン(Mr.Bigというバンドのベーシスト)になるぞ、と思っていたり、Taiji(元X-japan)のように弾けるようになるぞ、など、憧れているベーシストがいました。つまり、私が思い描く理想の形を既に体現している方たちです。なので、ベースの練習は彼らがやっていること、彼らのやってきたことを、コピーすればすごく近付けるという感覚がありました。

模倣は最高の習慣作り

 私は当時模倣戦略など知らなかったのですが、やってきたことは模倣です。要は、環境が違っても、同じ人間、ならば、少々の違いはあれど、やれる!と思っていたのです。

だから、練習が私の人生において、続いてきたのだと感じます。人の真似をすることはとても大切。クリエイティブの授業という本があります。その本の中で、小説家のジョナサン・レサムと言われる方が「オリジナルなんてない。万一オリジナルなんて言う人がいれば、それは十中八九元ネタを知らないだけだ」ということを言っています。私もそう思います。

習慣作りに失敗してきた自分

 私は本やセミナーなど、情報商材と呼ばれるものをよく購入させていただいております。本も古書なので結構高額なんです。しかも、情報商材は群を抜いて高額なものも多いですからね。給料3ヶ月分みたいな。

しかし、買ったはいい物の内容が似ているものもたくさんありました。その度に、どうして同じような内容なのに私はまだ近付けていないんだ、と疑問に思うことがあります。それはなぜか。

購入した手順や行動を習慣化していないからです。マーケティングの一つとして、相手の気持ちになって考えようというものがあります。スキルでもなんでもなくマインドに近いんですが、よし、じゃ、今から相手の気持ちになって考えようと思って、その時は考えたり、1週間後も考えられたりするのですが、最終的に元の考えに戻り、何も変わらない日々を送っていることに気付きました。

習慣化において真似るものは?

 習慣化できていた行動と習慣化の途中で終わった行動の違いは実は、何をコピーするか、という点にあります。

教えられたノウハウを練習する、つまりやり方を真似るのでは、途中で目的と手段が入れ替わる可能性が高いのです。だから続かない。

ノウハウをマスターすれば、目標に近付けるのではなく、目標に近付くためにノウハウをマスターする必要があるということが抜け落ちやすいんです。

だから、「ある程度」で終わってしまいます。ですから、何か習慣化したいものがあれば、スキルと人、よく言われるようにto doとto beを分けて考える必要があります

最初は、to doつまり、やり方や行動のコピーでいいのですが、3日間くらい続いたら、to beのコピーをしましょう。体よく言えば在り方のコピーですね。

ちょっと前に流行った講義や本の内容としては、既にその結果を手に入れているように振る舞いなさいというものがあります。成功者のように振る舞うことで成功者のようになれるというものですが、これは落とし穴です。

 表面しか見ておらず、考え方、気持ちを無視しています。何のために成功者はやっているのかを考えて、その気持ちになることが大切なのです。

例えば、極貧の家庭に育ち、両親からも教育という教育を受けず、虐げられたため、見返してやる、という気持ちでやっていたのか、それとも、家の近くに自分の演奏を楽しんでくれる子がいて、有名になることで、その子に勇気を与える、という気持ちで練習をするのでは訳が違います。

習慣になるためには、始めたときの気持ちを大切にするために、何をコピーするかという点も大事にしていきましょう。

初心忘れるべからずとはこのことを指しているのかもしれません。

コメントを残す