コーチングブログ会話術心理学日常

シグナルを探せ!

人は大抵「結果」を求めるように出来ています。

子育てをしていて特に感じることなのですが、

・食べたい

・立ちたい

・話したい

・これ欲しい

・あれしたい

など。結局のところゴールである「結果」を欲しがって行動をするように出来ています。

それは子どもだからまーカワイイものなのですが、大人がやるとちょっと、、、となります。

出世したい!!

それ自体は良い目標だと思いますし、その他にも、成功したい、いい家に住みたい、素敵なパートナーが欲しいなどといった結果を求めます。

うん。悪くないだろう(ぺこぱ)

しかし!

私たちが目指すのはもう少し子どもから尊敬を集める大人です。

ならば、子どもと同じ目標、成果、結果などを求めるのではなく、一歩先、その成果にならないとおかしいようなシグナルを探さないといけません。

ここでいうシグナルとは合図・開始・着火点の意味です。

この着火点を見抜けば、自然と成果が達成するようになります。

例えば、出世するということはどういうことでしょう。

出世するということはトップになるということであれば、恐らく上司に媚びを売ることではないでしょう。

さらに言うと、責任を背負って立つということで、堂々としないといけないでしょう。

ともすると、悩みを聞いたりすることもあるでしょう。

悩みを聞いてくれた、としてあなたの評価は周りからしっかりと認められます。

そして、それは会社のためにもなるでしょう。

それが結局は自分のため、そして、周りのためになるのです。

で、結果的に出世。

この場合のシグナルはざっくり言うと堂々とした態度と質問、悩みに答えられるだけの知識と経験と話術。

シグナルはいつもBe

あなたが叶えたい夢があるなら、達成したい目標があるなら、シグナルを探すことです。そして、そのシグナルはあなたの「在り方」である必要があります。

どんなあなたで達成を当たり前にしますか?

コメントを残す