同じことを何度も言う

人によっては嫌悪感すら感じることもあると思います。

この「同じことを何度も言う」という感覚・・・。

私も前の勤務先の上司が同じことを居酒屋で武勇伝のように語る、という状況に嫌気がさした体験もあります。

ほっっとんど一緒!!

内容がほとんど一緒などころか、構成、言葉、抑揚、、、

もうね。

ユーチューブでも観てるのか・・・。

ってくらい一緒です。

だから、嫌気がさしてまして、自分では言うまい、と思っていました。

しかし、最近違う場所で同じことを言う機会も多くなり、誰に何を言ったのか、また言ってないのか、ということが自分で分からなくなってきました。

私はメルマガ、ブログ(更新頻度が少なくごめんなさい)、note、プレゼンなどなど。

人へ何かをお伝えする機会が多いです。

正確にはこれに加え、交流会やクライアントさん訪問など。

そのどこにでも「虐待防止」という発信はしているつもりですが、業務に関するモノはまちまちです。

なぜならば、相手が求めているものがバラバラだからです。

しかし、本質が一緒の部分もありますので、同じことも言ったりしています。

とすると、何言って、何言ってないがごちゃつきだしました・・・。

同じこと言ってますね(笑)。

 

さて、同じことを言うことは悪いこと、という認識が私に働いていることが分かりました。

・・・本当にそうか。

同じことを同じように言うことは言葉自体に力が宿るのではないでしょうか?

例えば、プレゼンでその場で構成しつつ話す方がいるとします。

そうすると、結果はまちまちです。

良い時もあれば、悪い時もある。

左右されますし、何が良くて、何が良くないのか分かりません。

強いて言えば、「今日の聴衆の方々は良かった」くらいでしょう。

しかし、同じことを言い続けるプレゼンでは、結果は固まります。

良いプレゼンはずっと良いプレゼンですし、悪いプレゼンはずっと悪いプレゼンです。

とすると、改善ができます。

という考え方もできるので、私は今から、同じことを何度も言うという力を上げていくことにします。

そして、より、具体的に。

それこそが、その目標に近付く、さらに、達成を早める方法ではないか、と思います。

あなたも目標を語る時は同じように語ってみましょう!

語る時に違和感を感じるとそれは恐らく、その目標ではない可能性も早期に発見できます。

 

ビバ!同じことを何度も語ろう!

 

フォローお願いします!

コメントを残す