カウンセリングコーチング新着情報

委ねると諦める

 

こんにちは。礒村 博之です!

どうしようもないことってあると思います。

どうしても○○したいけど、この状況じゃ、出来ない。

とかですね。

 

一部の自己啓発やリーダー論は諦めるのではなく

どうやったら出来るかを考えろ!

と言ってきますが、その状況をまるっと理解していない第三者が

言い方はあるにしろ、

「どうやったら、それが可能になりますか?」

とか

「その実現を妨げているものはなんですか?」

とか

聞いてくると、言葉的には絶対に達成しなさいという暗示になります。

 

中には本当は出来るのに自分の視野の範囲内で回答が見つからず

「出来ない」と思い込んでる

ということもあります。

 

でも、物理的に、環境的にできないこともあるはずです。

それを、飛ばして

考えが浅い、諦めが早い、やる気がない

と評価されることはどうでしょうか?

 

・・・ね?腹立つでしょ(笑)。

 

そうではなく、大きな流れに委ねる(ゆだねる)という考え方も大切かと思います。

この状況を受け入れる。

 

私には無理だ、でも諦めているのではなく、助けを求めるという行動をしている。

 

・諦めるとは、変わりたい、助かりたいとも思わず、何もしない状況。

・委ねるとは、変わりたい、助かりたいと願うが、何もできない状況。

 

この2つを目安として持っておくのもいいかもしれません。

 

足を失ったプロバスケットボール選手が、バスケ選手としては輝けませんでしたが、

登山家として充足感に満ちた生活を送っている話もあります。

 

あなたはこの話を、どう感じますか?

 

 

 

 

 

 

コメントを残す