fbpx
カウンセリング

心理療法×子育て

「できない、できない」

子供がよく言うセリフです。

私も前は言っていました。

できるはずなのに、歯を磨いてくれません。
こんな時は、「心理療法のプチ応用だ!」ということで、
今回は心理療法(セラピー)の紹介です(笑)

私が行っている手法の中でロゴセラピーという療法があります。
その中に「逆説志向」という考え方があります。
今回はこの技法の応用です。

逆説志向とは2つの事実に基づいて行われます。
1つは「不安はそのことで不安を感じたその時に現れる」というもの。
2つ目は「過剰志向は自らが望んでいるものを妨げる」というもの。

この組み合わせで行われる療法です。

例えば、失敗を過度な不安を感じ、恐れすぎて、何もできない方がいたとします。
そのような方にはおそらく、

「失敗が1日に何回できるか数えてみて。今までの最高記録を更新しよう」

ということを伝えると、不安から何度失敗できるかの挑戦になり、
2つ目の「自ら望んでいるものを妨げる」ため、失敗を恐れなくなるというものです。

しかし、この療法を実行するにはユーモアのセンスや自分自身を突き放して考える、
という考え方が必要となります。

「逆説志向」とはこのような考え方で行っていく療法の1つです。

もちろんロゴセラピーはこれだけではありませんし、
セラピー自体もヒプノセラピーやらナラティブセラピーなど
まだまだたくさんあります。

あなたに合ったセラピストもきっといます。

ちなみに、子供は私と一緒なら歯を自分で磨いてくれるようになりました!

写真は商材用です(汗)

コメントを残す

PAGE TOP