問題の認識

posted in: 心理学 | 0

 

現在抱えている問題(正確には問題だと思っている事柄)は

過去の経験からの学びであることが多い。

 

よく言われていることが犬に噛まれた、あるいは噛まれそうになった経験から

犬を見ると逃げれば噛まれないことを学び、犬恐怖症になるというもの。

 

犬という全てを避けることにより、問題を防いでいることになる。

 

全ての犬が人を噛むという訳ではない。

犬もきちんと接すれば大丈夫。。頭では分かっていても怖いものは怖い。

「怖い」という気持ちは本人を守るものだからそれはそれで大切。

 

そのような時はどうするのか?

心理療法を用いることが早い。なぜならば心の問題だから。

 

視点をたくさん与えてみる。

犬が怖いのは噛むから。

噛む動物は全て怖いのか?

人間も歯があるけど大丈夫か?

歯が無ければ大丈夫か?

噛まない保証があれば大丈夫か?

噛む力が極端に弱ければ大丈夫か?

話(意図)が通じれば大丈夫か?

などなど。

 

できるだけ自分のことを見直すための質問をしてみる。

時に聞きたくないようなことも自分が質問してくるが、

よく見つめよう。

なぜなら自分のことだから。

 

交流分析を学んでいると過去の自分と対話することが多くなる。

振り返りや後悔ではなく、過去の経験を、今生じている問題の解決策として

再利用することができるのはちょっと得した気分になります。

 

ちなみに私は猫と犬なら犬派です。

周りには猫派が多いです。。

 

 

フォローお願いします!

コメントを残す