心理学研修

モチベーションの向上

何かが無い状態を知っているということは

逆に何かがある状態を知っているということです。

 

最近猛烈な孤独感に襲われることがありまして、

その時に自分のメンタルを見直しました。

 

そこで、気付いたことは孤独感を感じるということは

孤独ではない状態を知っていることだと気づき、周りへの

接し方の改善をしようと思いました。

 

さて、研修をしていて、モチベーションが上がらないという言葉を

よく聞くのですが、これもモチベーションが高い状態を知っているから、

またはモチベーションが高い人を知っているから出てくる言葉です。

 

モチベーションは低いときには問題視されますが、

高いときは重要視されません。

ずっと続けばいいなぁ・・・くらいです。

 

モチベーションが高いときに分析することが必要です。

自分にとってモチベーションが上がる状態はどのような時か、

何を求め、どのような感覚が心地いいのか。

具体的に言葉で表現すると、低いときの対応もできます。

 

自分が心地いいと感じる状態はどのような時かをきちんと把握して

そこに向かって行動をしようと思います。

 

これもこころと言葉をつなげる大切な作業です!

 

 

コメントを残す